Yansen 教科情報 BLOG

大学に転職しました
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ごまめさんへの回答(図書館のバーコードシールを貼る貼らない)
書籍についているバーコードで蔵書管理ができないか?」へのごまめさんのコメントへの回答です。回答遅くなりました。

このエントリーを書いた時には学校図書館に直接に関わっておりませんでした。
その後転職し専任司書教諭となったので、その時の経験を書きます。(現在は再び転職し、大学で働いております。)

約5000冊の遡及入力を1人で行いました。
ただ、バーコードラベルをすべての図書に貼り付けました。

その理由として、
  1. OPACの「登録番号」が8桁までしか対応しておらず、ISBN11がそのまま入れられなかった。
  2. TRCから購入したラベルが2000冊分ほどあった。(無くなった後は「ラベルシール 」を用いた。)
  3. 蔵書印を押す、などのシールを貼る以外の装備をすべてしなかった。(本当に何もしないで配架されている資料が多数あり、そのままだと図書館の本かどうかもわからない)
がありました。

ただ、OPACが対応していればバーコードシールを貼らなかったかもな、という思いは今でもあります。

以下はコメントです。

> それを元にバーコードを印刷して、
> 書籍のISBNの上にかぶせるようにはってはどうかと考えています。

できれば元のバーコードも読めるようにしておいたほうが何かと便利なのですが、図書委員がカウンター業務をすることを考えると、かぶせたほうが間違いはないとも考えられ、迷うところです。


> あまりに多数意見がISBNのバーコードを利用しての書籍管理は無理とおっしゃっているので、素人が浅はかに作業を始めて無駄になってもと思っています。
> ただ、本当のところ複本を管理できればなぜ、不可能なのかわかりません。

私は問題ないと考えています。
ただ、バーコードシールを貼らない選択がベストになる条件は少ないと考えています。

まず、新規購入であれば、装備したものを納入してもらうべきで、装備ありであればバーコードシールは貼ってあります。
(自館装備をするのは意味がなく、その時間があれば生徒と向き合うべきです。)

したがって、ISBNのバーコードを用いるのは「遡及」か「寄贈など」に限られます。

そして、「遡及入力すべき資料が、ある程度装備されている。」ことが必要です。装備をするのであれば、バーコードシールを追加するのはそれほど面倒なことではなく、(利用回数は少ないと予想され)装備しないとしたときは、蔵書印を押すよりバーコードシールを貼ったほうが楽だからです。(規程で蔵書印を押すことになっているほどのところならば、何もされないで配架されていることはありえません)

また、ISBNのバーコードだと、貸返の時、特に返却の時にひっくり返してバーコードを探すなど、一手間かかることも考えられます。日本の本は右開き、左開きあるからです。
(バーコードシールは右開き左開き関係なく同じ場所に貼るので、背の向きを揃えて積みさえすれば連続して読み込めます)
これは、蔵書点検の際にも同じことが言えます。

「貼らないメリット」と「貼らないデメリット」を、図書委員や自分が異動した後のことをも考えて選択すれば問題はないと考えられます。
| 学校図書館 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0)
本を書きました
共著ですが、本を書きました。

高校生が「問いをつくる」ことを目的とした本で、高校生向けの本です。

問いをつくる(テーマを設定する) 流れの中間部分、
  • 1 つに決めたキーワードから「自分の興味と組み合わせる」 「いろいろなリストと組み合わせる」 「近いキーワードと比較する」 「分けて比較する」などの方法を用いて、今後テーマと成り得る 「疑問文」 の候補をいくつか導く。
  • 候補となる疑問文それぞれについて、込められている自身の 「言いたいこと」 を振り返る。「他の人が調べていないか」 「自分の能力に合うか」 「興味をもっているかどうか」 という3つの条件で問いに値するかチェックし、1 つの疑問文を問いとする。
  • 問いに選んだ理由・考えを書き、他者の意見を参考にし、自分の問いに対する考えを明確にする。
部分(pp.41-57) を担当しています。

高校生はよい問いどうかは判定できないので、なるべく「操作的」に問いができる構成にしたかったのですが、できなかったところも多くありました。今後何とかしたいと考えています。

わたやんさんに紹介していただき『不定期戯言』「問いをつくるスパイラル」2011.10.02 (Sun)、ありがとうございました。
調べるのは「自分からの疑問」があるからであって,「誰かからの質問」があるからじゃないんよね。
は私の言いたかったことそのもので、伝わっているのは嬉しい限りです。
| 情報教育 | 18:03 | comments(2) | trackbacks(0)
「個体識別番号から個人を特定できるのは,事件などで正当性があるときだけ」と高校教員向け模擬授業
8月27日(水)に「情報教育研究フォーラム2008」に行った.

午後の分科会では,大学生が模擬授業という形式で,情報セキュリティを専門とする大学教員の指導のもと行われた.これは,学生を育てる,という目的もあるが,「現場の高校教員に,大学から最新の科学的知識を提供する」という意図もあるだろう.

しかし,模擬授業で生徒が利用すると想定されたプリントで
____________から個人を特定できるのは,事件などで正当性があるときだけ
という穴埋めがある.正解は「個体識別番号」とのことだ.

これは,「高木浩光@自宅の日記」での
国民生活センターの不適切なアドバイス事例
日本のインターネットが終了する日
「日本のインターネットが終了する日」あとがき
などのエントリを見れば,事実に反することが分かる.
「個体識別番号は,個人が特定され得る.」ものである.

もちろん,学校現場では科学的には間違っている指導を行うことは良くあり,その教育的・道徳的効果は認める.
しかし,今回は教育的・道徳的利点は見あたらない.しかも,危険側に倒れている.

「間違った知識が高校教員→高校生へと伝わってしまう.」問題はもちろんである.が,もっと多くの問題をはらんでいるように感じる.

個体識別番号の問題は何も新しい問題ではなく,「IPアドレスは変更できる」「Windows Media Playerのスーパーcookie」など,すでにあった問題である.
それを押さえられていない「セキュリティを専門とする大学教員」とは何なのか.

それから「まずい実装に高校生・大学生がマヒし,思考停止してしまう」ことが心配だ.高木は「日本のケータイサイト開発者の技術力が後退していく」と先の3つ目のエントリで述べる.同じことで,科学的に常に考える学生を私は育てたいし,大学教員にも育ててほしい.
| 情報教育 | 00:38 | comments(4) | trackbacks(1)
都立高校図書館の9類の割合は31%
2008年の全国学校図書館研究大会(SLA)の研究発表「M− 特別支援学校における学校図書館の現状と課題」の話.

「特別支援学校では9類の割合が約40%と高い.」という発表者の主張に対して,「他の学校ではどうなのか.メディア基準などの基準値はあるが」との意見が出た.
しかし,私の実感としては特別支援学校は9類の割合が高い.

都立日比谷図書館所蔵の2007年度『学校要覧』に蔵書構成が記載されていた都立高校91校を調査した.
9類の割合は中央値31%・平均値31%であった.

検定をかけていないので何とも言えないが,違いがあると言っていいだろう.

(この生データはいつか公開します.)
| 学校図書館 | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0)
370W->520W
自宅のパソコンの電源装置を変えた.5000円の出費であるが,非常に快適である.
なぜなら
・夏場でも一発でブートする.(リセットボタンを押しながら,,,などとやっていたのだ)
・「CPUに負荷がかかっているときにDVDドライブを動かさない」などいろいろ考えなくてすむ.
・などといろいろ気を遣っても落ちることがあったが,落ちなくなった.
・音も若干小さくなった気がする.
などである.

もちろん最初はそんなことはなかった.コンデンサが劣化したり,ほこりでファンが回りにくくなったりしていたのだろう.
| ハードウェア | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0)
図書館は場が大切なんだ
日本発達障害学会第43回研究大会
自主シンポジウム4 特別支援教育における学校図書館の活用を考える(1)

小学校特別支援学級での
知的障害児にとって,身近に本がある環境が大切
->教員が本を持ち寄り,学級文庫を充実させた.
という実践が非常に不満であった.

これは,読書教育の実践としてならばいいが,学校図書館の実践と言ってほしくない.これに対しては,
「図書室が2つに分かれていて,その他廊下などにも本が並べられている.そういう環境なので,学校図書館教育ではない,と言われてもよく分からない.」
とのことであった.
ところが,私もその場では「図書館は場が大切」としか言えなかったので,議論は発展しなかった.非常に悔しかった.

図書館にしろ何にしても,「載っていない・分からない,ということが分かる」,つまり「無いことの証明ができる」のが理想である.
「組織化されていない」少なくとも「すべての資料を一度に見られない」のは図書館ではない.そんなところでは何も調べられない.

これは「読書教育であれば組織化は必要ない」と逆に考えることもできる.読書だけであれば校内のあちこちに本があるほうがいいだろう.

発達障害があっても調べ学習はできる.それが読書教育に偏ってしまうのは,公共も含めた図書館員の努力不足であるとも言える.
教員と図書館員の違いを実感した.

(2008.08.14追記)
Yansenさんの「図書館は場が大切なんだ」から考えること」で取り上げられています.
| 学校図書館 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0)
科学的な法則を中学・高校で教える意味
日本電子専門学校高等学校教員対象講習会,「CG制作ソフトウェアを利用した物理アニメーション制作」を受講した.ソフトはMayaである.

「移動物体」「固定する物体」「重力」などから,「動摩擦係数」「静止摩擦係数」「跳ね返り係数」などが設定できる.「重力加速度」の初期値は9.8とそれっぽい数字が入っている.

ところが,このMayaの物理アニメーション,ニュートン力学が全く実装されていない.並列処理や浮動小数点数の処理などの問題があるのだろう.(以下,摩擦なし・跳ね返り係数を1にした場合である.),
1.シーソーの両側の同じ距離の位置に,同じ物体を同時に自由落下させても,左右微妙に違い安定しない.
2.物体をある高さから床に自由落下させても跳ね返り続けない.→ある程度経つと横にずれてしまう.(これはパラメータをすべて整数値にすれば解決した)
3.振り子も安定しない.
などその他散々である.これでピタゴラスイッチを作るって言ってもなぁ.

まあ問題はそこではない.そんな単純なことが実現されていないのに,これを毎日使っている人がいることが不思議でしょうがない.
講師の方に聞いてみると,
「作りたいものが決まっているときはキーフレームで作りますから.」
とのことであった.こちらのむず痒さも伝わっていないようであった.

ということで,
・科学的な法則を中学・高校で教える意味
・専門学校の教育
など,いろいろ考えることの多い講習だった.
| 情報教育 | 23:28 | comments(2) | trackbacks(0)
また,かながわメディアリテラシー研究所で話します
かながわメディアリテラシー研究所「静止画を用いたストーリーのある映像の製作」と言う題でワークショップ形式で行います.お忙しい時期ではありますが,情報科に興味をお持ちの方もぜひお越しください.

・日時 2008年7月13日(日) 14時〜17時
・場所 和光高校 コンピュータ室
・内容 実践者が一昨年度まで前任校(都立高校)で行った,「情報科でメディアリテラシーを教える」授業をワークショップ形式で報告する.

・(生徒の)目標
-コンピュータを使って,簡単な動画を編集することができる.
-例示されたものと全く逆の視点によるストーリーを製作することができる.
-写真の並べ換えと字幕によって,現実とは関係なく,意図のある映像が作成できることを知る.

・活動
-14時〜14時30分 実際に行った授業の一部分を再現して行う.
*実践者が作成した「シマウマがライオンに倒される」ラストシーンを見る.
*windows movie maker を用いて,先の映像の前にいくつかの写真を挿入し,操作方法に慣れる.
*実践者が作成したライオン視点の映像を見る.

-14時30分〜16時30分 映像の制作,発表・相互評価
*シマウマ視点でのストーリーを考える.
*自らストーリーに合うよう写真を入れ替え,追加する.
*字幕を入れる.
*発表会.相互評価.

-16時30分〜17時
*自由討議

・和光高校へのアクセス
-小田急線『鶴川駅』からバス
*小田急バス・神奈川中央交通バス 「鶴川団地」行き
鶴川11番 13時19分/31分/43分「鶴川団地」下車
鶴川12番 13時25分「鶴川団地」下車
鶴川13番 13時13分/37分/49分「鶴川団地」下車
*神奈川中央交通バス「若葉台」行き
鶴川21番22番 13時10分/50分「和光学園前」下車

-京王線『若葉台駅』から
*神奈川中央交通バス「鶴川駅」行き
鶴川21番22番 13時00分/40分 「和光学園前」下車
| 情報教育 | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0)
私立採用情報28
高岡第一学園
福岡大学附属大濠中学校・高等学校(常勤講師)

福岡県私立学校教員適性検査
長崎県私立学校教員適性検査
愛知県私学教員適性検査(PDF)
| 情報科採用情報 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0)
明日MELL EXPOでポスターセッション
明日(27日),MELL EXPOでポスターセッションしています.
「メディアと教育」パビリオンの「かながわメディアリテラシー研究所」のところにいます.
どうかお越しください.
Check
| 情報教育 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
Search this site.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
  • VVWXX102 は絶対無いとは言えない
    gakuo (01/18)
  • VVWXX102 は絶対無いとは言えない
    t*ーンズ (08/22)
  • VVWXX102 は絶対無いとは言えない
    tamu (08/21)
  • VVWXX102 は絶対無いとは言えない
    I don’t love chain mail. (08/17)
  • VVWXX102 は絶対無いとは言えない
    マッキー (06/20)
  • VVWXX102 は絶対無いとは言えない
    シロ (06/19)
  • VVWXX102 は絶対無いとは言えない
    Aisha (06/13)
  • 「個体識別番号から個人を特定できるのは,事件などで正当性があるときだけ」と高校教員向け模擬授業
    yansenmu (10/15)
  • 「個体識別番号から個人を特定できるのは,事件などで正当性があるときだけ」と高校教員向け模擬授業
    temp (10/14)
  • 「個体識別番号から個人を特定できるのは,事件などで正当性があるときだけ」と高校教員向け模擬授業
    yansenmu (10/14)
RECENT TRACKBACK
LINKS for ICT TEACHER
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND